下地補修・タイル張替え
REPAIR

経験豊富なスタッフが
現場代理人を行い、足場から
塗装まですべて当社一括管理にて行います。

地補修工事・タイル張替え工事について

建物本体(コンクリート)のひび割れ、鉄筋爆裂、欠損、浮きなどの下地補修工事を建物の大小問わず請け負っております。

下地補修工事は建物の寿命を延ばすと共に、その後に行う「塗装工事」「防水工事」においての仕上がりに大きく影響する大変重要な工事です。
私たちは長年の実績と最新技術を取り入れ、安全・安心・丁寧な作業を行います。

下地補修工事の紹介

躯体調査

外壁のタイルやモルタルの浮き部、ひび割れなどを目視または打診して補修箇所を調査し確認します。

マーキング

躯体調査後、補修する箇所をマーキングします。

穿孔

マーキングした箇所をドリルで穿孔します。

清掃

ドリルで開けた孔の中の粉じんをきれいに除去します。

樹脂注入

タイルやモルタルの浮き部に対し、樹脂を注入し補修します。

ピンニング

樹脂注入した後、ステンレスのピンを孔に入れ補強します。

Uカットシーリング補修

幅が大きいクラックに対しUカットで切り込みを入れ、切り込み部にシールを打ち、補修します。

鉄筋サビ止め

コンクリートが破裂し、むき出しになった鉄筋に対し、錆止め剤を塗布し発錆を抑止します。

モルタル補修

破裂、欠損したコンクリート部をモルタルで補修します。

タイル張替え工事の紹介

下地調査

タイル張りに先立ち、モルタルにて下地調整を行います。

タイル張替え

クラックや欠損したタイルを張替えます。

目地詰め

張ったタイルに既存と同じ木材を詰めていく作業です。
pagetop